日本人の“和”がたくさん詰まっている【六義園】 - 各地域の観光情報   特定商法に基づく表記

国内旅行

海外旅行

  • 国内旅行プランを探す!

    ※エリア名やホテル名などを入力してフリーワード検索ができます。

  • 海外旅行プランを探す!

    ※エリア名やホテル名などを入力してフリーワード検索ができます。

日本人の“和”がたくさん詰まっている【六義園】 - 各地域の観光情報   特定商法に基づく表記


2016/02/02 23:50

日本人の“和”がたくさん詰まっている【六義園】



東京は日本経済の中心地で、海外から進出した企業も多く異国の文化が溢れています。しかし六義園を観光すれば、東京にも和の精神が強く根付いていることが分かります。六義園は江戸幕府の5代将軍徳川綱吉が才能を見出していた側用人の柳沢吉保が7年もの歳月をかけて造った庭園です。紅葉の木がたくさん植えられているので、秋は全体的に赤色が鮮やかになります。庭園の中で最も標高が高い藤代峠からは、園内を一望することができ紅葉スポットです。中の島では紅葉が水面に映するため、写真撮影をするのに最適です。紅葉の時期には、夜にライトアップが行われます。ライトの青色と紅葉の赤のコントラストがロマンチックで、昼間とは雰囲気も違うのでカップルのデートの場としても人気です。88箇所の景勝地があり、どこで立ち止まっても自然を満喫できます。秋以外でも春はサクラの名所となります。正門付近のシダレザクラはソメイヨシノが満開になる1週間前が見頃です。柳沢吉保は、自分の身近な人たちだけが歩くことを想定したため、庭園自体はそれほど広くありません。よってじっくり巡っても1日あれば最後まで見ることができ、都会の喧騒から離れたのんびりした時間が流れます。

オススメ情報


オススメ情報


オススメ情報


オススメ情報


楽天ウェブサービスセンター

エイビーロードWebサービス

↑ PAGE TOP